読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由の女神World

体験したこと、想ったこと、感じたこと

周りからどう見られるかより、自分はどうしたいのか~大阪でのイベントを終えて~

 
 
 
 

私を知らない方はまずこちらをお読みください★

※プロフィール若干更新しました

 

 

 
 
7月9日。
大阪のロフトプラスワン WEST さんで行った
『     』~ルキノ×いばやの絶対領域
 
イベントを無事に終えました☆

f:id:nao38mi:20160716124153j:image
 
今回、黒子としてイベントに参加させてもらい、
さらに途中で黒子が踊り出すという……
私にとっては有り難すぎる、自由に使える時間を3分くらいいただきました。
 
なんだかんだと話が決まってから踊りを作り込むことも出来ず。
練習しまくる事も出来ず。
 
過去に振付していただいた踊りをステージの広さと床の関係で、自分なりにアレンジしての3分弱となりました。
 

f:id:nao38mi:20160716131549j:image
(Photo by Chiaki)
 
私がずっといたバレエの世界では、
先生方は口を揃えていいます。
『お客さんからどう見えてるのかが大事』と。
 
もちろん、舞台に上がってお金をいただく以上はそこは本当に大切で、切り離せない部分でもあると思います。
 
けどね。
今回のステージでは、G·A·O☆ちゃぱうぉにかの2人が私のこの既成概念をぶっ壊してくれたの。
2人は人前で踊る事でお金をもらった経験が無いから、そもそも私の中にある概念なんて持ち合わせてない。
2人の言葉から出てくるのは、いつも
『とにかく自分が楽しむ!』
『私が一番輝くんだー♪』
『俺が一番いい笑顔で踊る!』
と。
目線が、お客さん目線ではなく、自分目線。
 
 
それっ!!!!!!
 
 
私の中で、日常の中では確立されてきたのに。
何故かステージとか舞台とか人前で踊るという場になると、出てきていた他人目線。
 
これを無くすのはとっても怖かった。
 
 
これが、今回のステージに立たせてもらう点の一番の私個人の挑戦となった。
 

f:id:nao38mi:20160716131432j:image
(Photo by Chiaki)
 
ダンサーとして踊っていたのは過去。
私自身は、『ダンサー』という枠にもうハマれない。
それなら、それでいいじゃないか!
今のまんまの私で、今の私だから伝えたいことを身体を通して伝えよう。
どう見えてるかより、何を込めて表現するのか?
私の魂を全身全霊で表現したい!!!
 
 
どう見えるのか?
を棄てる。
 
 
そう、決めたんだ。
 
 
当日の開場前のリハーサルで、1度踊らせてもらった。
普段なら絶対に動画を撮って、自分でチェックして、直しながら、本番も頭の中でここはこうするんだ……と気をつけながら、頭で考えながら踊っていたのを。
バッサリと辞めた。
 
とても怖かった。
 
実際、お客さんの前でどんな風に踊れていたのかはよく覚えていない。
だけど、今まで体験したことのないくらい、指先が震えていたのは自分で覚えている。
 

f:id:nao38mi:20160716131649j:image
(Photo by Chiaki)
 
全てが終演して。
お客さんと少しお話していた中で。
『とても美しかった』
『魅入ってしまった』
と言う言葉をいただいて、安心した私がいた。
 
その言葉で安心するという事は、まだ完全にはお客さんの目を、他人目線を手放せてはない。
 
 
それでも、このステージで踊った時間は私にとってもまたひとつ、古い私が死んで新しい私が生まれた瞬間となった。
 
 

f:id:nao38mi:20160716131814j:image
(Photo by Chiaki)
 
イベント自体はものすごく心に刺さることが多く、この場に一緒にいられて嬉しいと魂が歓んだ。
 
とても感動したし、ルキノちゃんの今の自分をさらけ出す覚悟は私の細胞に響いた。
 

f:id:nao38mi:20160716131851j:image
(Photo by Chiaki)
 
 
 
このイベントに出演することで、交通費や宿泊費や小道具(黒子の衣装の一部や手作り巻物の諸費用)は全て自腹。
一般的に見たら、とても損をしているように見えるのかもしれない。
 
だけど世の中にはお金では買えないモノもたくさんある。
 
この体験や、この場で体感した事はもちろん、このイベントのお蔭さまで久しぶりに訪れた大阪でのあれこれは必然さすら感じた。
 
損得で物事を捉えるより、自分の魂がやりたいかやりたくないか。
そこの選択に尽きると心底感じた。
 
このイベントに出演した事で私が得たものは計り知れない。
物理的な損より、体験という得。
何よりも私自身の魂のやりたい!という叫びに答えた事が、この時間の私の満足度を高めたと思う。
 
 
踊り終わって、何かがスッキリした。
これは、たぶんその時には言葉に出来なかったけど。
時間が経った今だからわかる。
踊ったという満足感はもちろん、それ以上に新しい自分に出逢えた事への歓びが、既成概念にとらわれていた自分を少しでも手放せた歓びが、
その時のスッキリした心地よさの中にいた私の中には溢れていた☆
 
 
るーちゃん、いばやのメンバー。
貴重な体験をさせてくれてありがとう!!
 
踊った事だけではなく、黒子もめっちゃ楽しかった♪♪♪
 

f:id:nao38mi:20160716132020j:image
(Photo by Chiaki)
 
 
 
 
人生を通して、私はまた新しい私に出逢いに行く。
 
 

 

 

 

 

 

魂で生きる!

 

 

 

欲しいものリスト公開中です☆

nao38.hatenablog.com

 

―――――――――

ごとうなおみ

 

TEL:090-7722-6641

Email:nao_mi.38@docomo.ne.jp

LINE:giselle113

FaceBookhttps://facebook.com/nao38

Twitterごとう なおみ@自由人 (@nao38) | Twitter

 (FBのお友達申請はリアルに逢った方のみ承認してます。

フォローはご自由にどうぞ^^)

 

―――――――――